みなさんは大丈夫ですか?

地震から2日経ちましたが、大阪はなんとなく日常を装っている感じです。

ほとんどの友人知人は、どうにか難を逃れたようですが、まだ連絡がとれていないところもあるので、心配の種はなくなっていません。

早く復旧復興してほしい。
そう祈る次第です。

アニメ関係の友人の日記で、余震が続く中、日常と変わらない仕事をしているけども、ほんとうにこれでいいのだろうか…、という内容のことが書いてあって。
読んでしばらく悩みました。
でも、自分がやってる「仕事」なんだから、今は複雑な気持ちで働いていたとしても、きっと報われるんじゃないかと思いました。

遊んでるわけではないんですよね。
ちゃんとした「仕事」なんですよ。

時々、言われることがあるんです。

「そんな遊びみたいなことやって、お金もらえるんだからいいよね」

フザケンナ、です。

技術職なんですよ。
遊び半分でやれるほど、甘くない。

仕事中に携帯でアプリやったり、営業に出てサボってる話を笑いながらするような人には、特にいわれたくない言葉ですわ。 ←特定人物はいません(ぉ

復旧復興にはカケラも役に立たないかもしれない。
でも、何気に見てるTVとかで気分転換できたり、癒される人だっているはずですから。
私は、自分の仕事に誇りを持ちたいです。
…自信はないけども(爆)
そしてそんなにメディアの仕事してないけども。。。orz

昨日は、ライブのためのバンドの練習があったんで、難波まで出かけてました。
電車の中も、街中も、いつも通り。
本当に、地震なんかあったのかなぁ?という錯覚に陥りそうになりました。
でも、ここだけがそうじゃないんですよね。
震源地から離れれば離れるほど、被害もないわけで。
そうなると、非日常の出来事に感じるのも無理はないのかなと思わざるを得ないのかなとも感じました。
けど、日常生活をしないと、仕事をしないと、生きていけないわけですよね。

地震のことだけを考えていても、生活は成り立たない。。。
だからといって、何もしない、考えないというわけではなく。
自分にできることを考えてすればいい。

身の回りじゃなくても現実には変わりない。
なかったことにだけはしちゃいけないと思います。

…ちょっとまとまらなくなってきたけども(--;
よーするに、自分にできることを頑張りましょうということで。

無理したって続かないからね。

うちはまず、自分の生活をきちんと支えながら、身近な人に手助けをしていこうと思います。

みんなでがんばっていきましょう!